*

すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いとは

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 婚活女性の心理

スポンサードリンク

すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いとは

涙を流す行為は、言葉よりも雄弁に感情や重いを伝えることができるといわれています。

そして、人前で泣くことが多いのは圧倒的に男性よりも女性といえます。

では、男性と女性とでは泣くことに関し、どのような心理の違いがあるのでしょう。

今回は、すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いについて、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

男の涙を効果的に使う方法

昔と比べ、人前でもすぐに泣く男性は増えています。

つまり、以前と比べ「男らしさ」にこだわらない男性が増えているということです。

男性は幼い頃から、「男はすぐになくものではない」、「すぐ泣く子は弱虫だ」などと、親やまわりの人から言われて育つことは珍しいことではありません。

このため、そのような環境で育った男性は、人前では泣くところを見せたくないという価値観によって日常生活を過ごしています。

とはいえ、女性から見た場合、男性が流す涙に共感したり心を打たれたりするケースもあり、すぐに泣く男性を支持する女性も増えています。

つまり、男性が流す涙に対して女性が寛容になっている環境も、人前でもすぐに泣く男性が増えている要因のひとつなのです。

なお、女性が共感したり、心を打たれたりする男性の涙とは、結婚披露宴で泣いたり、ドラマやスポーツに感動して泣くなどポジティブな出来事に感動して泣く場合です。

失恋で泣いたり誰かに怒られて泣いたりするのは、女性からの共感は得られませんのでくれぐれも注意しましょう。

女性の涙は男性心理をメロメロにする効果あり

一方、女性の涙は恋愛テクニックのひとつとして使っていることも考えられます。

つまり、女性が涙を流して泣くことにより、男性を困惑させ自分の有利な状況に持ち込もうとしたり、相手の罪悪感を与え自分の意見を通しやすくしている可能性も考えられるということです。

もちろん、涙を流す女性は、泣くことを意図的に行っている場合もありますが、中には無意識のうちに泣くことを恋愛テクニックのひとつとして使っているケースも少なくありません。

なぜならば、恋愛経験豊富な女性は、これまでの男性とのお付き合いの中で、泣くことで男性の心を操ることができることを経験しているからです。

とはいえ、すぐになく女性のテクニックは最初のうちは有効かもしれませんが、何度も同じ手を使っていれば、次第に相手にも何を目的に泣いているのかがバレてしまいます。

涙を流す女性を見て感情を揺さぶられない男性はほとんどいないと思いますが、すく泣く女性の心理には、相手を翻弄しようとする意図が隠されているケースがあることも覚えておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

なぜ婚活女性は、親ほど年の差がある男性を好きになるのか

婚活では、一般的に「年の差婚」と呼ばれる親子ほど年が離れている男女が、結婚するケースが少なく

記事を読む

何でも知りたがる女性特有の心理とは

一般的に、女性はその日起こったことをすべて身近な人に話したがったり、逆に身近な人に何かあ

記事を読む

ネット婚活で二股してしまう女性の心理とは

ネット婚活で、結婚を前提に正式にお付き合いしましょうとなった場合、普通相手は1人ですが、中に

記事を読む

ナルシストの女性と上手に婚活する方法

ナルシストの女性は、自己愛が強くうぬぼれやで、過剰なほど自信家です。 このため、ショーウイ

記事を読む

婚活で相手に自分のことを好きにさせる方法

相手に自分のことを好きにさせる方法には、いくつかの種類があります。 とはいえ、残念ながらど

記事を読む

なぜ女性はあなたが知らない友達の話をしたがるのか

女性は、あなたの知らない友達の話をしたがります。 女性はそれでいいのかもしれませんが、話を

記事を読む

女性のボディタッチは脈ありのサインなのか

あなたは、女性からボディタッチされ、ドキドキした経験はありませんか。 ボディタッチは有効的

記事を読む

メールの返信がないのは脈なしのサインなのか

婚活サイトで出会った女性と、メールでのやり取りをしている中で最も不安に感じることのひとつとし

記事を読む

婚活する女性はどんな男性を求めているのか

あなたは、婚活する女性はどんな男性を求めているのかについて考えてみたことはありますか。 婚

記事を読む

婚活女性との会話で余計なトラブルを防ぐ方法

あなたは、婚活女性と話をしていて、女性が何をどうして欲しいのか意図を読み取ることができず、理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑