*

ネット婚活で二股してしまう女性の心理とは

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 婚活女性の心理

スポンサードリンク

ネット婚活で二股してしまう女性の心理とは

ネット婚活で、結婚を前提に正式にお付き合いしましょうとなった場合、普通相手は1人ですが、中には二股をかけたり同時に3人以上と付き合っているケースもあります。

二股をかけたり同時に3人以上と付き合っている女性は、複数の男性に囲まれて気分がいいかもしれませんが、もし、あなたが複数の男性のうちの1人だったとしたらたまったものではありません。

では、なぜ結婚を前提に正式に交際を申し込んだにもかかわらず、婚活女性は複数の男性と同時にお付き合いしてしまうのでしょう。

今回は、ネット婚活で二股してしまう女性の心理について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ婚活で浮気してしまうのか

ネット婚活で二股してしまう女性は、あなたが考えているよりも婚活を軽いものとしてとらえている可能性があります。

つまり、ネット婚活は結婚に直結するものではなく、男性と出会う選択肢のひとつ程度としか考えていないということです。

ネット婚活を男性と出会う選択肢のひとつ程度としか考えていない女性は、あなたに対して自分が求めているものを提供してくれればいいと考えがちです。

つまり、ネット婚活をしているものの本気で結婚しようとする気持ちが乏しいため、お付き合いすることが出来ても、結婚まで進展することは非常に難しいのです。

それでもいいと思ってズルズル付き合っていた場合、女性にとってあなたは結婚対象ではなく、単なる都合のよい男になる可能性になる可能性が高くなります。

結婚をエサに都合よく利用されてしまわないよう、ネット婚活の相手を選ぶ時には相手の本気度を見極める眼が必要でしょう。

婚活で男性を決められない女性の特徴

また、ネット婚活で二股してしまう女性の中には、本気で婚活しているものの、相手を一人に絞り切れないタイプもいます。

つまり、ネット婚活で出会ったそれぞれの男性に魅力的なところがあり、誰を選んだらいいのか迷ってしまっているのです。

そして、誰を選んだらいいのか迷っているため、たとえ誰か1人と結婚を前提にお付き合いすることを決めたとしても、それ以外の人を手放すことができず、結果として二股をかけたり同時に3人以上の男性と同時に付き合ってしまうのです。

また、ネット婚活で相手を一人に絞り切れない女性は、意思が弱かったり自分の意思を持たない優柔不断な女性が多いといえます。

意思が弱かったり優柔不断な女性を相手に本気で婚活を成功させるためには、女性の気持ちを察する努力や、「婚活デートで自分の意見を言わない女性の傾向と対策」のようなさりげなく女性の気持ちをあなたに引き寄せるテクニックを使うことも必要でしょう。

スポンサードリンク

関連記事

婚活でさりげなく女性の気を引く方法

婚活でさりげなく女性の気を引くためには、多少テクニックが必要です。 なぜならば、婚活で女性

記事を読む

婚活で相手に自分のことを好きにさせる方法

相手に自分のことを好きにさせる方法には、いくつかの種類があります。 とはいえ、残念ながらど

記事を読む

何でも知りたがる女性特有の心理とは

一般的に、女性はその日起こったことをすべて身近な人に話したがったり、逆に身近な人に何かあ

記事を読む

DV男と別れられない女性の心理とは

DVとは、ドメスティックバイオレンスと呼ばれる夫婦間や恋人間で発生する暴力のことで、身体的暴

記事を読む

すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いとは

涙を流す行為は、言葉よりも雄弁に感情や重いを伝えることができるといわれています。 そして、

記事を読む

なぜ、いい女はダメ男を好きになってしまうのか

美人で仕事もバリバリこなし性格も優しくて気立てのよい女性は、一見男性も選び放題だと思われがち

記事を読む

ナルシストの女性と上手に婚活する方法

ナルシストの女性は、自己愛が強くうぬぼれやで、過剰なほど自信家です。 このため、ショーウイ

記事を読む

なぜ婚活女性は、親ほど年の差がある男性を好きになるのか

婚活では、一般的に「年の差婚」と呼ばれる親子ほど年が離れている男女が、結婚するケースが少なく

記事を読む

メールの返信がないのは脈なしのサインなのか

婚活サイトで出会った女性と、メールでのやり取りをしている中で最も不安に感じることのひとつとし

記事を読む

なぜ、女性はぶりっ子で甘え上手を演じるのか

女性は、男性に好かれるためにぶりっ子で甘え上手を演じることがあります。 そして、多くの男性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑