*

婚活でさりげなく女性の気を引く方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 婚活女性の心理

スポンサードリンク

婚活でさりげなく女性の気を引く方法

婚活でさりげなく女性の気を引くためには、多少テクニックが必要です。

なぜならば、婚活で女性と上手に出会える人は、これからご紹介するテクニックを無意識のうちに上手く使っているからです。

女性のちょっとした配慮をするだけでも、さりげなく女性の気を引くことは可能です。

今回は、婚活でさりげなく女性の気を引く方法について、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

希少価値を演出する

人は誰でも、数に限りがあるものや限定商品などに興味を持ち、手に入れたいと願うものです。

なぜならば、数に限りがあるものや限定品を手に入れることは他人との差別化につながり、手に入れることによって所有欲や支配欲が満たされるからです。

もちろん、婚活においてもこの傾向は効果を発揮します。

たとえば、これまでメールや電話でアプローチをしていた相手から突然連絡がなくなったら、どんな人でも不安を感じ相手のことが気になるはずです。

もちろん、連絡していた相手のことが嫌いだったり、連絡が迷惑だったりした場合にはこの限りではありませんが、逃げていく相手を追いかけたくなるのは、基本的な人間の心理です。

また、他の女性には決してやらないことを意中の女性だけにやってあげるなど希少価値をアピールすることによっても、女性の気を引くことが可能です。

たとえば、普段はぶっきらぼうにもかかわらず二人でいる時にはイチャイチャしてくるなど、ギャップを利用するのも有効なテクニックといえるでしょう。

とはいえ、希少性や限定性による演出は、やりすぎると逆効果になります。

女性の気を引くテクニックが女性に嫌われる結果とならないよう、演出を行う際には相手に合わせたさりげない配慮が必要でしょう。

コンプレックスを解消してあげる

恋愛は、多少の障害がある方が燃え上がります。

なぜならば、多少の障害がある方がお互いの気持ちが強まり、真実の愛を確かめ合うことができると感じるからです。

婚活をしている女性の多くは、恋愛や結婚に対しコンプレックスや不安要素を抱えています。

そして、コンプレックスを抱えている女性は、誰かに頼り寄り添いたいと本能的に欲求しているのです。

婚活で意中の女性と接する時には、弱っている人を守ってあげる、援助して支えてあげるというスタンスで接するようにしましょう。

そして、恋愛や結婚に対するコンプレックスや不安要素は、二人の力を合わせれば解決できることをアピールしましょう。

あなたがコンプレックスや不安要素に対して理解し、障害を克服する姿勢を見せれば見せるほど、女性にとってあなたは気になる存在となり、結婚相手としても意識する存在になるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

DV男と別れられない女性の心理とは

DVとは、ドメスティックバイオレンスと呼ばれる夫婦間や恋人間で発生する暴力のことで、身体的暴

記事を読む

彼氏が途切れない女性は本当にモテる女性なのか

女性の中には、ちょっと前に彼氏と別れて泣いていたと思っていたのに、すぐに新しい彼氏ができてい

記事を読む

メールの返信がないのは脈なしのサインなのか

婚活サイトで出会った女性と、メールでのやり取りをしている中で最も不安に感じることのひとつとし

記事を読む

婚活で相手に自分のことを好きにさせる方法

相手に自分のことを好きにさせる方法には、いくつかの種類があります。 とはいえ、残念ながらど

記事を読む

なぜ女性はあなたが知らない友達の話をしたがるのか

女性は、あなたの知らない友達の話をしたがります。 女性はそれでいいのかもしれませんが、話を

記事を読む

何でも知りたがる女性特有の心理とは

一般的に、女性はその日起こったことをすべて身近な人に話したがったり、逆に身近な人に何かあ

記事を読む

女性のボディタッチは脈ありのサインなのか

あなたは、女性からボディタッチされ、ドキドキした経験はありませんか。 ボディタッチは有効的

記事を読む

なぜ婚活女性は、親ほど年の差がある男性を好きになるのか

婚活では、一般的に「年の差婚」と呼ばれる親子ほど年が離れている男女が、結婚するケースが少なく

記事を読む

すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いとは

涙を流す行為は、言葉よりも雄弁に感情や重いを伝えることができるといわれています。 そして、

記事を読む

なぜ、障害のある恋は燃え上がるのか

恋愛には徐々に気持ちが熱くなっていくものもあれば、一気に燃え上がるものもあります。 そして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑