*

婚活で女性の気になる存在になる方法

公開日: : 最終更新日:2014/07/29 婚活女性の心理

スポンサードリンク

婚活で女性の気になる存在になる方法

婚活で女性の気になる存在になる方法は、とっても簡単です。

なぜならば、相手の仕草や行動を意識して真似るだけで効果があるからです。

また、相手の仕草や行動を真似ることは意中の相手との距離を縮めるテクニックとしても効果的です。

今回は、婚活で女性の気になる存在になる方法について考えてみたいと思います。

婚活に効果的な類似性の法則とは

人は誰でも育ってきた環境や趣味、価値観などが似ていると親近感が湧くという傾向があります。

初めて会った人でも、出身地が同じだったり、子供の頃よく見ていたテレビ番組が同じだったりすると意気投合し、相手のことが気になったり興味を持つようになるのも、この傾向によるものです。

この傾向は、類似性の法則と呼ばれており、婚活においても意中の相手との距離を縮めるために有効な手段といわれています。

つまり、婚活で女性の気になる存在になるためには、意中の相手との共通点を見つけ、似ている存在であることをアピールすることが重要だということです。

また、類似性の法則は異性の見た目についても、同じことがいえます。

つまり、人は自分の容姿とバランスをとることができる異性を選ぶ傾向が強いということです。

一般的に、婚活においては容姿が優れている異性を結婚相手にしたいと考えてしまうと考えがちです。

しかし、実際には容姿が優れている異性に魅力を感じると同時に、自分よりも容姿が優れている異性に拒否されることについて恐れも感じているのです。

このため、類は友を呼ぶという言葉があるとおり、自分と似ていると感じる女性を探すことが、あなたが婚活で女性の気になる存在になる第一歩といえるでしょう。

行動を真似てみよう

類似性の法則は、動作や態度などにも応用することが可能です。

このため、自分と似ていると感じる女性を見つけ会話をするチャンスが訪れたら、ミラーリングと呼ばれる類似性の法則を利用したテクニックを使って相手との距離をさらに縮めてみましょう。

ミラーリングとは、相手の動作や会話のスピードなどを鏡に映すように自分が真似する方法をいいます。

たとえば、相手が足を組んだらあなたも足を組んだり、相手の話すスピードがゆっくりだと感じたら、あなたも話すスピードを合わせるといったミラーミングを使うことによって、意中の女性にとってあなたは自分に近い存在だと感じるようになり、好意を抱く可能性も高まるでしょう。

ただし、類似性の法則が効果的だとはいっても、あまりにも過剰に真似ることは相手に不快感を与え逆効果になってしまいます。

ミラーリングを行う場合には、さりげなく相手に気づかれない程度に行う工夫も必要でしょう。

スポンサードリンク

関連記事

なぜ、障害のある恋は燃え上がるのか

恋愛には徐々に気持ちが熱くなっていくものもあれば、一気に燃え上がるものもあります。 そして

記事を読む

なぜ、女性はぶりっ子で甘え上手を演じるのか

女性は、男性に好かれるためにぶりっ子で甘え上手を演じることがあります。 そして、多くの男性

記事を読む

婚活で相手に自分のことを好きにさせる方法

相手に自分のことを好きにさせる方法には、いくつかの種類があります。 とはいえ、残念ながらど

記事を読む

婚活でさりげなく女性の気を引く方法

婚活でさりげなく女性の気を引くためには、多少テクニックが必要です。 なぜならば、婚活で女性

記事を読む

すぐ泣く男とすぐ泣く女の心理の違いとは

涙を流す行為は、言葉よりも雄弁に感情や重いを伝えることができるといわれています。 そして、

記事を読む

婚活で第一印象をよくする方法

婚活において、第一印象は重要です。 なぜならば、初対面の印象で相手に受け入れられることがな

記事を読む

DV男と別れられない女性の心理とは

DVとは、ドメスティックバイオレンスと呼ばれる夫婦間や恋人間で発生する暴力のことで、身体的暴

記事を読む

なぜ、婚活で結婚相手が見つからないのか

どれだけ一生懸命婚活を頑張ったとしても、残念ながら結婚相手が見つからない人はたくさんいます。

記事を読む

なぜ、いい女はダメ男を好きになってしまうのか

美人で仕事もバリバリこなし性格も優しくて気立てのよい女性は、一見男性も選び放題だと思われがち

記事を読む

なぜ婚活女性は、親ほど年の差がある男性を好きになるのか

婚活では、一般的に「年の差婚」と呼ばれる親子ほど年が離れている男女が、結婚するケースが少なく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑