*

あなたにピッタリの婚活サイトを簡単に選ぶ方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/07 婚活サイト

スポンサードリンク

婚活サイトの選び方

あなたは、婚活サイトをどんな基準で選んでいますか?

料金、サポート体制、プライバシー保護、高い成婚率などなど、いろいろな判断材料があると思いますが、そもそも、なぜあなたは婚活サイトに申し込もうと考えているのでしょうか。

婚活サイトに申し込む理由は、人それぞれだと思いますが、私の場合は、「日常生活の中では出会いがない」ということが最大の理由でした。

つまり、料金、サポート体制、プライバシー保護、高い成婚率などは、もちろん重要ですが、最も重要なのが私が望む条件の人と出会える可能性が高い婚活サイトはどこなのか?ということです。

では、望む条件の人と出会える可能性が高い婚活サイトは、どうやったら探し出すことができるのでしょう。

今回は、出会える可能性が高い婚活サイトを選ぶ簡単な方法を、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

戦う場所を決めることは重要なこと

婚活サイトは戦う場所

婚活は就活に似ているところがあると私は考えています。

就活は、就職と希望する人と、従業員を募集する会社、双方の条件がマッチしなければ、就職が決まることはありません。

つまり、どちらか一方だけが望んでいても、その望みは叶うことなど決してありえないということです。

婚活サイトでいえば、あなたの条件を望んでくれる方がいて、なおかつ、そのお相手があなたの望む条件の方であった時に、初めてマッチングが成立するということです。

しかし、現実的には戦う場所を間違えてしまっている人がたくさんいます。

3流高校しか卒業していないのに、超一流企業の入社試験に応募しようとしている人がたくさんいます。

婚活サイトは、基本的にどんなお相手にもアプローチすることができるので、不利な戦いを挑んでいくことを全否定はしませんが、相手からお断りされたり無視され続けるのは、自分の存在を否定されたようで結構キツイものです。

これは婚活サイトに限ったことではありませんが、マッチングが必要とされる場所では、需要と供給のバランスによって、すべてが成り立っています。

つまり、あなたと同じ条件の人が多い(供給が多い)婚活サイトは、あなたの価値は相対的に低くなり、逆に、あなたと同じ条件の人が少なければ(供給が少ない)婚活サイトは、あなたの価値は相対的に高くなるということです。

また、あなたが望む条件の人が多い(需要が多い)婚活サイトは、お相手の価値は相対的に低くなり、逆に、あなたの望む条件の人が少ない(需要が少ない)婚活サイトは、お相手の価値は相対的に高くなるということです。

これまで紹介してきた内容をまとめると、供給が少なく需要の多い婚活サイトが、あなたの望みのお相手と出会う可能性が最も高い婚活サイトと考えることができます。

婚活サイトの需要をリサーチする方法

婚活サイトの需要をリサーチ

婚活サイトの需要をリサーチする方法は簡単です。

なぜならば、あなたの望む条件のお相手がどのくらいいるのか、条件を絞って検索すればいいからです。

ただし、検索結果を鵜呑みにしてはいけません。

なぜならば、検索結果の中にはあなたの望む条件でないお相手が、含まれている可能性があるからです。

たとえば、検索結果の中で長期間ログインしていない人などは、すでに誰かとマッチングが成立していたり、登録した婚活サイトを使わなくなっている可能性があります。

また、写真や証明書などがない無料会員の場合には、ダミーのアカウントである可能性も否定できません。

つまり、検索結果イコールあなたの望む条件のお相手ではないということです。

見かけだけの数字に、惑わされては本当の姿を見ることはできません。

ログインの時期や登録情報だけでも、お相手の本当の姿は垣間見ることができるはずです。

婚活サイトの供給をリサーチする方法

婚活サイトの供給をリサーチ

供給をリサーチする方法は、需要をリサーチする方法とまったく逆で、現状のあなたの年齢、年収、身長などと同じ条件の人がどれだけいるのか検索してみるだけです。

ただし、こちらの条件で抽出した検索結果も先程と同じように、アクティブでないアカウントを対象から除く必要があります。

また、気になるプロフィールの書き方や写真の撮り方があったら、忘れないうちに気がついたことをメモに書きとどめておきましょう。

あなたが気になったということは、他の誰かも気になる可能性があるということです。

婚活サイトで、多数派の中から抜け出すためには、気になるプロフィールや写真が必要不可欠です。

自分で工夫し試行錯誤を重ねるのもひとつの方法ですが、すでにあるものをまねて、改善しておくのも賢い方法だと私は思います。

婚活サイトの失敗と後悔、どちらを選ぶ

婚活サイトで失敗と後悔

需要と供給のリサーチが終わったら、需要と供給のバランスが崩れている婚活サイト、つまりあなたにとって供給が少なく需要の多い婚活サイトを、積極的に活用するようにしましょう。

婚活サイトのよいところは、一度に複数の婚活サイトに登録できるところです。

就活でいえば、複数の就職面接会に応募するようなものです。

また、リサーチするのが面倒だという方は、とりあえず、いろいろな婚活サイトに登録しておいて、あなたに需要があると感じた婚活サイトを積極的に活用していく方法がおすすめです。

どちらの方法を選ぶにしても、共通しているのは、あなたが積極的に行動しなければ、何も成果は得られないということです。

迷っているなら、気になった婚活サイトにとりあえず登録してみる。

行動して失敗するリスクと、行動しないで後悔するリスク、あなたはどちらを選びますか?

後悔するぐらいなら、失敗する方が全然いいと、私は思います。

スポンサードリンク

関連記事

婚活サイトでメールを無視されても落ち込まない方法

あなたは、婚活サイトでメールを無視されて、落ち込んだことはありませんか? 私は婚活サイトに申し

記事を読む

婚活サイトのプロフィールに書かれている年収は嘘なのか、真実なのか

婚活サイトのプロフィールを見ていると、思った以上に、高収入の男性が多いことが気になります。 ま

記事を読む

婚活サイトで婚活がうまくいかない意外な理由とは

婚活サイトでの婚活は、チャンスが多いようで、実は限られたチャンスしかありません。 なぜならば、

記事を読む

婚活のプロフィールを上手に書く方法

ネット婚活において、プロフィールは第一印象を決める重要なポイントです。 つまり、プロフィー

記事を読む

婚活サイトに向いている人と向いていない人の決定的な違いとは

婚活サイトに向いている人と向いていない人には、決定的な違いがあります。 なぜならば、婚活サイト

記事を読む

婚活サイトのメールはどれくらいの頻度で送ればいいのか

「婚活サイトのメールはどれくらいの頻度で送ればいいのか?」 申し訳ありませんが、こんなことで悩

記事を読む

婚活サイトでサクラに出会わない方法

あなたは、婚活サイトを利用する時、サクラがいるのではと不安に感じたことはありませんか? サクラ

記事を読む

婚活サイトで、実際に会うまでの期間はどれくらいが最適なのか

婚活サイトで何度かメール交換し、惹かれるものがあれば、早く会ってみたくなるものです。 しかし、

記事を読む

婚活サイトを比較するよりも重要なこと

婚活をする上で、どの婚活サイトを選ぶのかは、あなたの婚活の結果を左右する重要な要素です。 だか

記事を読む

なぜ、婚活サイトでいい人がなかなか見つからないのか

婚活サイトで、いい人を見つけることができない人には共通点があります。 その共通点とは、自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑